2019年10月9日(水)JSD講演会(於 専修大学神田校舎)

I. Martinez-Moyano博士講演会 “Understanding Dynamic Systems Using the System Dynamics Approach”
System Dynamics Societyの前会長であるイグナシオ・マルチネスモヤノ先生が来日され、JSD会員に向けて特別講演をしてくださいました。
多くの会員が集い、システム・ダイナミクスの根幹をなす考え方から現代的なモデリングのトピックまで、幅広く講演して頂きました。
インタラクティブに進めていただき、モデリングに関する知識の向上に貢献して頂きました。

M-Moyano

2019年11月17日(日)JSD講演会(於 国連大学)

J. Randers教授講演会 “ESCIMO – An Earth System Model of global warming towards 2100”
システム・ダイナミクス界の重鎮で、「成長の限界」「2052」の著者として有名なヨルゲン・ランダース先生が来日され、JSD会員に向けて特別講演をしてくださいました。
環境問題の構造的背景をSDの語彙で分かりやすくご説明くださいました。
とらえるべきモデル化の範囲の広さと、緻密に作られたモデルの精度とインサイトに参加者一同感銘を受けました。

20191127_Randers_JSD

論文集「システムダイナミックス」(第18号)研究論文投稿のご案内

日本システムダイナミクス学会では、論文集「システムダイナミックス」(第18号)に掲載する研究論文を募集致します。つきましては、システムダイナミクスに関わる全てのテーマを対象とした研究論文を下記の要領で募集します.

1.原稿提出締切り
・2019年9月20(金)
2.原稿執筆要領
・ 書式は、A4 の規定フォーマットで、12 ページ以内として下さい。ただし、必要がある場合に限っては、最大 16 ページまで認めます。この際、表現等が冗長になることの無いように留意してください。
・ テンプレートファイル(MS-WORD)は、リンクからダウンロードしてください。
・原稿執筆にあたり、学会誌投稿規定学会誌査読規程及び,学会誌掲載論文の著作権の帰属先とインターネットでの公開に関する規約を熟読して下さい。
3.募集する論文形態
(1)研究論文:豊富な先行研究のサーベイを基づき、論理性、新規性、信頼性、社会的有用性が顕著であると認められる研究
(2)研究ノート:事例紹介的な内容で、実践報告を主とする研究
(3)その他:(1)、(2)に該当しない研究のうち、編集委員会が妥当と認めた研究(他言語により執筆された有用性の高い研究論文の翻訳も含む)
4.提出物
・提出物は以下の二点です。
(1)原稿:MS-WORD ファイル ※必ずテンプレートファイル(第3 版)を使用して下さい。
(2)原稿:PDF ファイル ※「印刷品質」で変換したもの。
5.原稿提出手順
・Email に全ての提出物を添付し、journal@j-s-d.jp に送信して下さい。
6.発刊までのスケジュール
・原稿提出期限  2019年9月20日(金)
・第18号発行 2019年12月末 予定
※ 発行スケジュールは変更になる場合がありますので、予めご了承下さい。
7.注意事項
・投稿論文は、複数の審査員によるピアレビューと致します。また、フォーマットに従っていない等、推敲の重ねられていない原稿は査読の対象外となる場合もございますのでご注意下さい。
・2017 年度より学会誌投稿規程が改定され,「少なくとも筆頭著者は投稿時に本会会員資格を有し、かつ、投稿する年度までの会費が全て収められていなければならない」こととなりましたので,会員資格を有しない場合には,投稿前に会員資格申請をお願い致します.
・お問い合わせは Email にてお願い致します。
Email: journal@j-s-d.jp(日本システムダイナミクス学会 論文編集委員会宛)

JSDカンファレンス2019のご案内

下記日時でJSDカンファレンス2019を開催します。

日時:2019年6月15日(土)14:00-18:00
会場:専修大学神田校舎5号館551教室

当日のプログラム等は、こちらをご参照ください。

学会誌Vol.17を発行しました

研究論文を2編、研究ノートを1編掲載した学会誌をアップしました。
目次はこちらへ

アカデミック向けシステム・ダイナミックス上級コース 2018のご案内

下記日程でアカデミック向けシステム・ダイナミックス上級コース 2018を開催します。

日時と会場:
7月28日(土曜日) 10:00 – 17:00. 専修大学神田キャンパス7号館773教室.
7月29日(日曜日) 10:00 – 17:00. 専修大学神田キャンパス7号館771・773教室.

詳細は、こちらをご参照ください。

アカデミック向けシステム・ダイナミックス上級コース 2018に参加を希望される方は、
登録フォームからお申し込みいただくか、本申込書に必要事項を記載の上、メールにてお申し込みください。

JSDカンファレンス2018のご案内

下記日時でJSDカンファレンス2018を開催します。

日時:平成30年6月23日(土)13:45-18:00
会場:日本大学理工学部駿河台校舎 会場1号館4階141教室

当日のプログラム等は、こちらをご参照ください。

■JSDコンファレンス 発表募集■

■JSDコンファレンス 発表募集■
会員皆様のSDに関係した情報や研究成果、利用状況を共有し、日本におけるSDの普及を進めましょう。

発表の形式予稿のある発表A4版4ページ6ページで30分発表(含 10分質疑)
予稿の投稿は、Microsoft Wordテンプレートを用いて作成し、
Microsoft Word文書ファイル形式とそれをPDFにしたファイルの2つをお送りください。
予稿なし発表は20分発表(含 5分質疑)
注意今回は予稿なしの発表であっても要旨(Abstract)は提出していただきます。予稿集にはその要旨を掲載します。

発表のお申込み関連の日程
4月27日(金) 発表申込締切
題目・発表者名・要旨(和文200字以内あるいは英文150 words以内)・所属を、conference@j-s-d.jpにお送りください。
発表者の方は、本学会会員に限ります。未会員の方は、会員申し込み入会を合わせてお願いします。
入会方法は、http://j-s-d.jp/web/joinus/ をご確認ください。
5月11日(金) 発表可否の通知(前後する可能性があります。)
5月下旬   講演プログラムを公表
6月8日(金) 予稿集原稿Microsoft Word形式とPDF形式締切
6月23日(土) カンファレンス

ご不明の点はconference@j-s-d.jpまでお気軽にお問合せください。

■2018年度JSDコンファレンス開催案内■

■2018年度JSDコンファレンス開催案内■
会員の皆様には日々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
2018年度JSDコンファレンスへの発表申し込みのご案内を差し上げます。奮って発表申し込みをお願いいたします。

日時:2018年6月23日(土)  13時45分 (開始時刻は予定)
場所:日本大学理工学部駿河台校舎 会場1号館141教室
   http://www.cst.nihon-u.ac.jp/information/surugadai.html

■JSDカンファレンスのご案内■

■JSDカンファレンスのご案内■
日時:平成29年11月11日(土)13:30-18:00
会場:日本大学理工学部駿河台校舎 会場1号館3階132教室(https://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai/)

当日のプログラム等は、こちらをご参照ください。